DRM解除をしない録画方法とwindows7 DRM解除しない録画ソフトwindows7

306月/14Off

DRM解除しない録画ソフトとwindows7

DRM解除ソフトを探している人はまだ居ますか?

数年前、著作権関連の法律改正によってDRM解除は完全に違法となりました。

正確な表現ではありませんが、結論から言ってしまうと、
現状では「DRM解除ソフト」は存在していないも同然です。


「存在していない」と書きましたが、
DRM解除ソフトのダウンロードサイトは存在しています。

「じゃあ、どっちなんだよw」と思われるかもしれません。

「DRM解除ソフトのダウンロードサイト」自体は存在していますが、
実質的に使えないのが現状という意味で「存在していない」と書きました。


何故か?


DRM解除ソフトは、元々はWindows XP時代にWindows XP上でのみ使うことができたのです。
現在主流のWindows7で使えるDRM解除ソフトは存在していないに等しいというわけです。
そういう意味でDRM解除ソフトは「存在していない」ということです。

DRM解除に関する法律が改正されたのは今から2年ほど前の2012年です。

このころはまだWindows XPはサポートされていましたし、
Windows7ユーザーと比べてもユーザー数はまだかなり居ました。

ところが、DRM解除関係の法律は改正され、しかもWindows7へ移行する人が増えました。
ですから、DRM解除ソフトをWindows7で使ってる人はまず居ないと思っていいでしょう。

DRM解除windows7用ソフト」は存在しないと思ってください。

277月/14Off

視聴期限動画をmp4等のファイルに変換したい。

視聴期限のある動画をmp4などのファイルに変換することはできるのでしょうか。


視聴期限(DRM)の存在するファイルは直接的には変換できませんが、
一旦パソコンで録画することによってその後に変換することはできます。


たいていの動画録画ソフトには録画後のファイル変換を行える機能が
備わっているようです。

まずは視聴期限(DRM)のある動画をDRM解除せずに録画できるソフトを
探してみることです。


動画を一度録画すると、AVIやmp4、mp3などのファイル形式に
自動的に変換してくれます。

(ただし、ファイル変換機能のない録画ソフトもあります。
録画ソフトを購入するまえに販売ページで機能を確認しましょう。)


ファイル形式を変換することができれば、
スマートフォンや携帯電話などでも変換した映画を
再生させることができます。

これはなかなか便利な機能ですね。

スマホや携帯電話用にファイル形式を変換できれば、
あとは端末に変換したファイルを転送するだけです。
ポケットサイズのミニシアターの出来上がりですよ。

視聴期限のある動画を録画してスマホなどで繰り返し視聴できるという
ポイントは映画好きにはたまらない魅力ですよね。


好きな映画のワンシーンを繰り返しスマホでいつでも見ることができます。



137月/14Off

パソコンで視聴期限のある動画を見たい

パソコンで視聴期限のある動画をみたい場合は
コンテンツを買うしかありません。

視聴期限のあるコンテンツは、たいていの場合有料サービスです。

動画を視聴するためにはそのサイトでコンテンツを買うしかないのです。
コンテンツを買えば動画を見ることができるようになります。


ただし、視聴期限がありますから、
一定の日数が経過すると動画を見られなくなります。

これではお金ばかりかかってしまいますね。


そんなときは動画録画ソフトを活用するといいでしょう。

(コンテンツ配信サイトの利用規約や禁止事項に
 「録画」を許可していない場合は動画録画ソフトを絶対に利用しないで下さい。
 また、動画録画ソフトの利用は「私的目的」の範囲内でお願いします)


動画録画ソフトは視聴期限(DRM)のある動画でも
画面を範囲指定して録画することができますから、
パソコンで録画することができます。


録画ソフトで一度録画してしまえば、
視聴期限のある動画でもパソコンで何度も視聴できるようになるわけです。

これはなかなか便利ですね。

私はどちらかというと映画が好きな方なので、
視聴期限のある映画配信コンテンツは録画してみたくなります。


映画やドラマが好きな人は、動画の録画ソフトを探してみてはどうでしょうか。


67月/14Off

DRM解除ソフトは何故存在したのか

DRM解除ソフトが存在した理由。

それは簡単です。視聴期限のあるコンテンツを永久保存したい
ユーザーがたくさん居たからです。

最近の有料動画配信サイトは、一部を除いてほとんどが
視聴期限(DRM)が存在する動画を配信しています。


windows7などのOSで動画をダウンロードできるフリーソフトも
あるようですが、ダウンロードできてもDRMが存在する限り
パソコンに保存することはできません。


そこで、DRM解除ソフトの出番です。

DRM解除ソフトは、上記のようなタイプの
コンテンツのDRMを解除(視聴期限を解除)して
パソコンに保存することができたのです。

ご存知の通り、法律でDRM解除が禁止されたため
DRM解除ソフトを使っている人は現在はではほとんど居ません。

まだWindows7が主流になっていなかった時代は
敢えてWindows XPでDRM解除ソフトを利用していた人がたくさん居たそうです。

著作権法が改正されるまでの時代はDRM解除ソフトの需要が多いにあったわけです。


では、今はどうなのでしょうか。

今は、視聴期限に関係なく動画やコンテンツを録画できるソフトが主流です。
例えば、キャプチャー機能による録画ソフト等です。


キャプチャーによる録画なので、DRM解除をするわけではありません。
ここがDRM解除ソフトと決定的に異なる最大のポイントです。