DRM解除をしない録画方法とwindows7 DRM解除しない録画ソフトwindows7

306月/14Off

DRM解除しない録画ソフトとwindows7

DRM解除ソフトを探している人はまだ居ますか?

数年前、著作権関連の法律改正によってDRM解除は完全に違法となりました。

正確な表現ではありませんが、結論から言ってしまうと、
現状では「DRM解除ソフト」は存在していないも同然です。


「存在していない」と書きましたが、
DRM解除ソフトのダウンロードサイトは存在しています。

「じゃあ、どっちなんだよw」と思われるかもしれません。

「DRM解除ソフトのダウンロードサイト」自体は存在していますが、
実質的に使えないのが現状という意味で「存在していない」と書きました。


何故か?


DRM解除ソフトは、元々はWindows XP時代にWindows XP上でのみ使うことができたのです。
現在主流のWindows7で使えるDRM解除ソフトは存在していないに等しいというわけです。
そういう意味でDRM解除ソフトは「存在していない」ということです。

DRM解除に関する法律が改正されたのは今から2年ほど前の2012年です。

このころはまだWindows XPはサポートされていましたし、
Windows7ユーザーと比べてもユーザー数はまだかなり居ました。

ところが、DRM解除関係の法律は改正され、しかもWindows7へ移行する人が増えました。
ですから、DRM解除ソフトをWindows7で使ってる人はまず居ないと思っていいでしょう。

DRM解除windows7用ソフト」は存在しないと思ってください。

67月/14Off

DRM解除ソフトは何故存在したのか

DRM解除ソフトが存在した理由。

それは簡単です。視聴期限のあるコンテンツを永久保存したい
ユーザーがたくさん居たからです。

最近の有料動画配信サイトは、一部を除いてほとんどが
視聴期限(DRM)が存在する動画を配信しています。


windows7などのOSで動画をダウンロードできるフリーソフトも
あるようですが、ダウンロードできてもDRMが存在する限り
パソコンに保存することはできません。


そこで、DRM解除ソフトの出番です。

DRM解除ソフトは、上記のようなタイプの
コンテンツのDRMを解除(視聴期限を解除)して
パソコンに保存することができたのです。

ご存知の通り、法律でDRM解除が禁止されたため
DRM解除ソフトを使っている人は現在はではほとんど居ません。

まだWindows7が主流になっていなかった時代は
敢えてWindows XPでDRM解除ソフトを利用していた人がたくさん居たそうです。

著作権法が改正されるまでの時代はDRM解除ソフトの需要が多いにあったわけです。


では、今はどうなのでしょうか。

今は、視聴期限に関係なく動画やコンテンツを録画できるソフトが主流です。
例えば、キャプチャー機能による録画ソフト等です。


キャプチャーによる録画なので、DRM解除をするわけではありません。
ここがDRM解除ソフトと決定的に異なる最大のポイントです。